海外旅行もそんなに行ったこともなく、海外で働きたい願望もなかった私がなぜベトナムで起業したの?

海外旅行もそんなに行ったこともなく、海外で働きたい願望もなかった私がなぜベトナムで起業したの?

実はベトナム、そしてダナンでというのはほんとに偶然。
友達に誘われてたまたま行った海外旅行先がダナンでした。
そして友達がお腹を壊して、1人でダナンの街を歩く時間があって、、😂

もともと観光業で5年間働いていた私は、ダナンを見たときにものすごい観光地としてチャンスを感じていました。

お土産も買いたい物もまだまだない!
名産がないと思いました。

スパに行っても、良いオイルだなーと思っても何を使われているのか、商品がないので良かったのが何だったのかも分からないと感じました。

ここでベトナムの素材を使ったお土産をやったら良いのでは、、!!?

と、ダナンで私がやれることがあると旅行中の最終日には、ほとんど決意が固まっていました。
これが潜在意識というモノなのか、なにか自分の内側から根拠のない自信があったのはこの時期でした。

でも旅行マジックが終わったのか、日本に帰国してからは安定の日常が待っていて、新しいこと決断するまでには物凄い不安がありました。

1ヶ月の間は周りには言わず、自分と本1冊と向き合って考えました。
*本についてはまた、、

大好きな会社だったので、辞めると決断するにはものすごい不安がありました。

不安を減らして明確に目標を定めて決断するためにな、とにかく情報を取りに行きました。
どんな素材や可能性があるか。
ひたすら、『ベトナム、日本人』とか『ベトナム、企業』で検索して、知らない人にもメッセージを送って、日本でもベトナムでお仕事している方にたくさん会いました。

そして、情報が揃ってきたころ、不安が少し消えて悩みが計画に変わっていきました。

とにかくダナン、ベトナムの人に知らない人でも日本人の方にご連絡して、情報をもらいました。

わざわざ好きな仕事、安定のサラリーマン生活を辞める決断をしたのか。

働く原動力や、その決断に至るのはどうしてか。

それは、、、
▶︎next
人生を変える出会いと就職活動

ベトナム情報カテゴリの最新記事